FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



年末のご訪問

20171229手づくり味噌


今年の営業が終わってからも、
自宅の方に訪れてくださる方々が。

最終日の翌日には、
「『手作り味噌あげる』って言ってたのに、
持ってくるの忘れてたわ」
と今年と去年の味噌を届けてくださる方が。

わざわざ届けてくださって、恐縮です。
ごちそうさまでした!

また、大晦日の夕方には、
見知らぬ女性が、
「こちら『杜々』さんのお宅ですよね」
と菓子折りを持ってご来店。
20171231大晦日のご訪問

「夫が奥さんにとてもお世話になったんです。
その夫が亡くなって、
早く挨拶に来なくちゃと思ってたんですけど、
バタバタしてて来れなくて。
どうしても年が明ける前に、
今年中にお礼の挨拶したくて」
とのこと。

母は年賀状を出しに行ったところで、
ちょうど入れ違い。
携帯で捕まえて、すぐに戻るように連絡。

母が戻るまでの間、詳しくお話を伺うと・・・

母が毎朝ラジオ体操をしてるのですが、
ご主人がワンちゃんの散歩で近くを通るそうで、
その時に母が声をかけて、
それから毎朝の顔見知りになったのだそう。

「奥さんに声かけてもらって。
夫には犬つながりでしか、
知り合いがいなかったんです」
とのこと。

母が戻ると、
奥様とは初対面だったよう。

ご主人は、秋に病に倒れ、
東京にある4000万!もする、
完全介護の施設をネットで探して、
勝手に引っ越して入居したのだそう。

「私が何言っても聞かないし、
私には口を一切出させなかったんです。
まあ完全介護だから、
東京に行ったって私がやることもないし。
担当医師も主人の性格分かってて、
『奥さんは何もしなくていいですよ、
ここにも来なくていいですよ』
って言ってくれて。
最期の始末も自分で全部やって。
遺産は一銭も残らなかったんです。
でも住む家はあるし、
私は仕事もあるし、良いんですけどね」
「それは・・・・・多分、ご主人の最後の、
『奥さん孝行』だったんですよ、きっと」

それから、
「今度ちゃんとお茶のみに来ますね。
メニューあります?」
とおっしゃるので、
メニュー表をお見せすると、
「あら、ベトナムのフォーがあるの?
私のいとこ、東京にいるんですけど、
旦那さんがベトナム人で、
日本の大学と大学院を出て、
知人4人と一緒にハノイに日本人学校を作って、
日本とハノイを行き来してるんですよ」
「え、『日本人学校』ですか?
ベトナム人向けの日本語学校じゃなくて、
駐留日本人の子弟用の日本人学校ですか?」
「そうそう」
「へー、すごい!
今ベトナムに進出する日本企業多いから、
ニーズは多いでしょうねぇ」

意外な所で、意外なつながりがあるものです。

こんな珍しい、有り難いご訪問が、
年の最後の大晦日にあるなんて、
続けているものですねぇ。
スポンサーサイト