FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



栃尾の油揚げ2

20180507栃尾油揚げ➀



今日の明け方、
胃の辺りの内臓が握りつぶされるような、
急激な痛みで目が覚めました。

「エイリアン」がお腹から出てくるみたいに、
背中側から突き上げられる感じと、
握りこぶしがお腹に突っ込まれる感じが、
何度も繰り返しやってきて、
人生初の、なんとも苦しい明け方。

その後も眠れず、うとうと。

9時半くらいに、
先日来たばかりの栃尾の叔母が、
「キルトやってる友達連れて行くから~。
『油揚げ』とか、『おぼろ豆腐』とか、
なんか要るのあるの~?」
と携帯に電話。

「要らない、要らない!
私のことはいいから、
どこも寄らずにすぐに向かって!
今、ランチがめちゃくちゃ込んでるから、
開店と同時に着かないと、
駐車場も、席も確保できないかも~」
「えー、そうなの!
わかった、これからすぐ出るわ!
11時には着くと思うから~」

今日は「トマトの冷製パスタ」で、
5人さまのご予約もあったので、
体調不良とはいえ、休むわけにもいかず。

店に入って準備をしても、
みぞおちの辺りが委縮してるような、
今まで感じたことのない痛苦しさ。

開店の11時には、叔母も到着。

「さっき電話したら、
『私のことはいいから』って、
『何も要らない』って言ってたけどさ~」
と「油揚げ」のお土産。
20180523栃尾油揚げ②
さすが、叔母だ。

それからご予約の方々や、
常連さま、展示者関係の方々もいらして、
ほぼ満席に。

なんとかランチタイムをクリアし、
ひと段落すると胃の具合も和らいで、
一安心。

すると叔母が、
「これ、いくらにする?」
とワンピを手に、キッチンへ。

「私が試作したのなんだけど・・・
もし着れるようなら・・・・あげる!
いつも色々と頂いてるから!」
「え、作ったん?!、いいの?!」

試着してもらったら、ぴったり!
20180523チュニック➀
これまで手に取る方はいらしたのですが、
基本、若者向けの型紙を使ったので、
私も含め、中高年に方には部分部分で、
サイズが合わなかった1着。

叔母の華やかな感じに合ってて、
とてもお似合い。
とても喜んでもらって、良かった。

閉店後は、
今日もらった油揚げを小分けして、
お福分けすることに。
20180523おすそ分けへ

ちょうど昨日、加藤食材で、
栃尾の星長の「おぼろ豆腐」が手に入り、
展示者の木村さんが昨日ご予約だったので、
お帰りに時にでも差し上げようと準備。

が、ご親戚とそのまま、
市内某所へ出かけるとかで、
「要冷蔵」品でお渡しできなかったので、
今日、「油揚げ」と一緒にお届けすることに。

また、昨日、久々にランチにいらしたのに、
満車でご入店すらできず、
差し入れを頂戴するだけになった常連さまが、
お近くにお住まいだったので、
そちらにもお福分け。

まず、木村さんのお宅へ。

「ほんと、次に行くとこがあるので」
と断ったものの、
「上がってって~」
と何度もおっしゃるので、
ちょっとだけ上がらせて頂いて、
ご主人の仏前に手を合わせてご挨拶。

合わせて、
今回の展示のきっかけをくださったお礼も。

帰り際には、
「これもってって~」
とお菓子を頂いてしまいました。
20180523お返し2
かえって、ご馳走になってしまった・・・

次の常連さまところでは、
まずは昨日の失礼をお詫び。

それから2、30分ほど、
玄関先で積もるお話に傾聴。

帰り際、
「甘酒、どうだった?口に合った?
ワカメもあるけど、要る?」
と、またまた色々とお土産。
20180523お返し1
「いやいや、お気になさらずに・・・
なんか、貰いに来たみたい・・・すみません・・・」
「いいのよ~。
それにしても、ランチ、まだ込みそうね・・・」
「昨日はほんと、すみませんでした。
久々に来てくださったのに。
日報さんに載せて頂いてからちょっと・・・
あ!、そしたら、いらしゃる時、電話ください。
込み具合、お知らせできると思うので」
「そうね!、そうするわ!」

昨日は、気分を害されたはずなのに、
有難いことです、まったく・・・
当店は、ほんと良い方々に恵まれている・・・

胃の具合がちょっと軽くなった気がするのは、
皆さまのお陰かも・・・
心より感謝。
スポンサーサイト