FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



久々の「ベトアジ新潟」

20180623試食


今日は通常営業日でしたが、
ランチタイムをお休みさせて頂きました。

実は、昨日と今朝にも立て続きに、
「トマトパスタ」で予約の連絡があり、
5名さま分の予約を頂いていたのですが、
あろうことか、お断り・・・

後からオーナーに聞いたら、
今日も留守中のランチタイムには、
「TeNyさんの放送を見て」
とおっしゃるご夫妻が、
魚沼!いらしてくださったり、
常連さまも「トマトパスタ」をご所望だったとか。

誠に失礼いたしました。

で、失礼を承知でなぜ休んだかというと・・・・
2年ぶりくらいに、
「ベトアジ」に参加するためです。

駅南にある「新潟事業創造大学院大学」
のベトナム人留学生さんたちが主催する、
「チャリティー・ベトナム料理教室」です。
20180623ベトアジ10回

会の目的は、参加費のうち、
材料費や経費を除いた全額を、
母国の恵まれない子どもたちのために、
学資支援にするというものです。

第1回から7回まで無欠席で参加していて、
「次回が決まったら連絡ください」
とお願いしていたのですが、
8回目は、連絡を頂けなくて参加できず・・・

9回目の去年も、
やはり連絡を頂けなかったのですが、
ちょうど上海に行ってたので、物理的に不可。

で、今回。

5月のG.Wに万代で行われたフェスに、
「新潟ダルニー奨学金」さんも出展してて、
代表からお知らせを頂いたので、
オーナーが表敬訪問。

そこに参加してた留学生さんに、
「ベトアジがある時は、お知らせください」
とショップカードをお渡し。

で、その留学生さんがお電話くださって、
今回参加できることに!

ブン・ボー・フエ(フエ風牛肉ビーフン)
とチェーです。

フエと言えば古都があった場所で、
宮廷料理が有名ですね。

中部の料理は、
北部ハノイの「あっさり味」と、
南部ホーチミンの「こってりスパイシー」味の、
ちょうど良いとこ取りの料理とか。

今日は時間がかかるスープは、
事前に留学生さんたちがご用意くださって、
豚骨や牛、豚の塊肉を、
大鍋で2時間くらい煮込んだそう。

まずは、スープを仕上げます。

直火焼きした玉ねぎや生姜と、
生!のレモングラスを叩き潰し、
スープ鍋に加えます。
20180623ブン➀

豚ひき肉をさらにプロセッサーで挽いて、
ペースト状にされたものに、
味付けしたら、団子に成形。
20180623ブン②

次に、スープに入れる「チリオイル」を作ります。
20180623ブン③

「チリオイル」を入れる前に、
煮込んだ牛と豚の塊肉を取り出して、
スライスしておきます。
20180623ブン④

スープの鍋に「チリオイル」を入れ、
20180623ブン⑤

さらに肉団子も加えて煮ます。
20180623ブン⑥

青ネギの白い部分を加えます。
20180623ブン⑦

ベトナム料理のレシピ本でも、
葉っぱの部分は生の薬味として、
根に近いほうは加熱段階に入れて、
ダブルの風味付けとして使っていますねぇ。

煮込んでる間に、麺を茹でます。
20180623ブン⑧
本来は、ブン(ビーフン)を使うそうですが、
手に入りにくいので、素麺で代用。

ベトナム製の「エビペースト」を、
水に溶いておきます。
20180623ブン⑨
アジア各地で同じようなものがあって、
タイの「カピ」に香りが似ています。

「上澄み」をスープに加えます。
20180623ブン⑩

ブンのトッピング材料。
20180623ブン⑪

並行して、デザート作り。

ピーナッツ入り団子とココナッツのチェー。
20180623チェー➀

団子粉は、「タピオカ粉」だそうで、
中にピーナツを入れて丸めます。
20180623チェー②

茹で上がるまでに結構時間がかかるので、
その間にシロップ作り。

氷砂糖を水で溶かしたら、
生姜の千切りを入れて生姜シロップにします。
20180623チェー③
これもアジア定番のシロップですねぇ。

お団子は茹で上がったら、水に取ります。
20180623チェー④

冷えると、透明さが増します。
20180623チェー⑤

お団子を、シロップ鍋に戻して、
軽く温めてから盛り付けます。
20180623チェー盛り付け

ブンも盛り付け。
20180623⑫盛り付けブン

20180623⑬ブン完成

一人分はこんな感じ。
20180623セット完成
生レモンを絞ったり、唐辛子粉を加えて、
お好みの味にして頂きます。

チェーは、お好みでココナッツミルクを加えて。
20180623チェー完成

今回は、生のレモングラスや
ココナッツ果実、タピオカ粉など、
新潟に売っていないものは、
東京から取り寄せたのだとか。

これまでの中で、
一番材料費がかかっているような・・・・

チャリティーに回せるお金が、少なかったのでは・・・
と、ちょっと心配になりました。

食後は、ベトナムクイズコーナーがあったり、
ギターの弾き語りがあったり。

これまで参加者全員でやっていた、
食器洗いなどの後片付けは、
留学生さん達がしてくださるとのことで、
全く手を汚さず、心苦しい限り・・・。

久々の「ベトアジ」参加。

新しいベトナム料理を覚えられたし、
留学生さんの元気な感じも良かった。

「次回、ぜひまた連絡ください!」
と重ね重ねお願いして、会場を後にしました。

楽しくて美味しい会を主催してくださり、
ありがとうございました!
お疲れさまでした!
スポンサーサイト