FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初めての粗品

20180817粗品

今日の夕方、夕刊を取りに出て、
郵便受けの蓋を開けると、見慣れぬ小箱。

見ると、ティッシュボックスとお手紙で、
夕刊購読宅への粗品らしい。

そういえば、
毎月だか入ってくる小冊子にも、
一緒に古新聞用ビニール袋が、
今年になって届くようになりましたねぇ。

当店のお客さまの中には、
「おとなプラス」に替わってから、
「購読をやめた」という声、結構多い。

確かに、「おとなプラス」になってから、
「夕刊の情報欄見て」
というご来店、問い合わせの数が激減。

購読数が減って来て、
他社が乗り換え勧誘で良くやっていた、
「粗品」作戦をとうとう日報さんも始めた・・・
といったところでしょうか。

ただ、紙面の方は、
以前の「夕刊は見るとこない」
という評判を覆すように、
「おとなプラス」では、毎日、
第1頁から3頁に渡って、
様々な特集記事が掲載されている。

担当した記者さん達の名前も出て、
匿名性が低い分、
記事内容のリアル感さが増している。

他にも、パズル系、医療系と、
内容が盛り沢山になった気がします。

一方で、今年近くの日報販売所が閉鎖。

今の時代、ニュースはネットが一番早いし、
手軽さ、古新聞の処理を考えたら、
新聞は時代遅れなのかもしれない。

が、古いタイプの人間のせいか、
匿名性が強いネット上での情報は、
イマイチ、100%信用できない。

それに、ネット環境では、
様々な意見に触れられるはずだったのに、
利用者の「確証バイアス」が明らかに。

新聞記者さんたちが、
一つの記事を仕上げるのに、
どれだけの時間と手間をかけてるか、
少しは垣間見てるので、
まだまだ私は新聞を擁護する派。

「スピード」や「利便性」だけが、
世の中の値打ちじゃない。

色んな意味で、
毎日新聞くらいじっくり読める、
「余裕」や「ゆとり」は持ち続けたいものです。
スポンサーサイト