FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



復活➀100歳!

20180926お福分けサービス

今週も、ランチをご注文の方々に、
ぶどうの「気まぐれサービス」。

皆さま、
「あら~、いいんですか!」
「ごちそうさまです!」
「嬉しいわー!」
「あら~、綺麗ねー」
「絵に描きたいわ!」
と、大変喜んで頂いております。

これもそれも、
食べきれないほどの差し入れを、
持って来てくださる方々のお陰で、
皆さまに還元できるというもの。

ほんと、有難いことです。

ところで今日の夕方、
1年ぶりのお客さま。

オーナーの知人の方で、
御年100歳!

オーナーが居ると思って、
久々にご来店くださったようですが、
生憎、私用で昼過ぎから留守。

「すみませーん、今日居ないんです。
でも、私がお相手しますので」

去年、最後にいらした時は、
ご自身で採ってさわした柿を、
大量に持って来てくださって、
「食欲もなくて、俺ももう駄目だて・・・・」
とおっしゃってて、
その後年明けに入院された噂が。

それから数か月後に、
「どうも畑に人の手が入り始めたから、
畑に出てるようだ」
とオーナー。

それから完全復活されて、
この猛暑の夏も毎朝畑に出てらしたそう。

今は、会社の会長さんですが、
この業界では県下一の会社だそう。

一代でここまで築き上げた人生は、
山あり谷ありで、ほんとすごい・・・・
まさに、男版「おしん」です。

業界団体の理事長を、
80過ぎ!までされてたそうで、
県、厚生省、文科省から表彰されたとか。

今日も初めて聞くお話が色々あって、
「大成する秘訣」が山ほどで、
思わず、後でメモりましたねぇ。

まじめで、誠実で、堅実で、謙虚で、
何度もやってきた苦難の時には、
いつも必ず誰かが手を差し伸べ、
助けてくれたのだそう。

大成してからこそ周りの人々には、
気遣い、配慮、施しをし続けたようで、
だから人徳・人望があるんだなあ。

ほんとすごい・・・

そんな勉強になるお話を、
今日はぶっ通しで、2時間!

記憶力、聴力はのみならず、
大きな車をまだ運転してらして、
数年前の免許更新の時には、
身体能力は70代!の判定だったとか。

他にも絵画や茶器など、
美術品を沢山お持ちだそうで、
「中国茶器ですけど、
私も茶器とか好きですよ~」
と言うと、
「お、そうかね!今度観に来なさい!」
と名刺とご自宅の連絡先を頂きました。

「売るほどあるから、
『お金持って』、観に来なさい」
とおっしゃるので、
「いや~、見て分かるように、
買えるようなお金は全然ないので、
目の保養をしに伺います!」
とお応え。

毎日食事は自分で作り、
午前は畑仕事に精を出し、
午後はスポーツジムやカラオケ、
日曜日も午後から碁の仲間が来るそう。

100歳とは思えないリア充ぶりで、
「来る日の前日に電話するように」
とのご指示。

お邪魔にならないように伺います(笑)

「人生100年時代」を地で行く、
まさに「生きたお手本」です。
スポンサーサイト