FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「上海」の慰労会

20181208けやき通り

今日は朝から、
今季初の降雪の積雪で一気に冬に。

今まで温かい冬だったので、
急な寒さに体が慣れないまま、
閉店後は、駅南へ。

10月の上海旅行の慰労会です。

オーナーも「第九」本番の前日練習で、
りゅーとぴあへ行くというので、
一緒に駅の南口まで車で行って、
ドンキの手前で下車。

予約時間よりちょっと早く着いたので、
時間をつぶしたいこともあり、
以前日報の記者さんから、
焼き菓子を頂いたことがあり、
確かけやき通り沿いに、
そのお店があるのを思い出し、
ミニ手土産をそこで買うことに。

LINEをしていないので、
今日の参加人数が不明だったのですが、
とりあえず参加が想定されるMax人数分、
用意することに。

マドレーヌの新作だという、
「ゆず」と「抹茶」味の2種類を1個ずつ、
5セット作ってもらいました。

それから小雨降る中、
昨日点灯したイルミネーションを眺めつつ、
お店へ。

お店に入ると、
旅行でご一緒したお二人がすでにご到着。

次々皆さん到着されたのですが、
本来なら旅行もご一緒するはずだった、
某雑誌の編集長さんも、
少し遅れて、慰労会に参加されるとのこと。

時間になったので、
飲み物をオーダーしてスタート。

キムチ盛り合わせ、チョレギサラダ、
チャプチェをつまんでいると、
編集長さんがご到着。

「旅行ご一緒できなくて、残念でした」
と、「初めまして」のご挨拶。

お土産を持参された方がもう一人いて、
急きょプレゼントタイムに。

全員そろって記念写真。
20181208慰労会

今日のオーダー内容は、
飲み放題付きで料理は7品。

ポッサムキムチ&チヂミ(3人分)
20181208ポッサム&チヂミ

ケランチム(3人分)
20181208ケランチム

カムジャタン&乾麺付き(6人分)
20181208カムジャタン

午後9時過ぎ、
お一人のご主人が、
店前までお迎えにいらしたので、
お開き。

ご主人さまにご挨拶し、
皆でお見送り。

「これからどうします?」
と言うと、編集長さんが、
「いいショットバーが出来たらしいから、
私はそこに行ってみるわ!」
とおっしゃるので、皆で付いて行くと・・・

お店の中を覗いた編集長さん、
「満席だわ!」
とのこと。

「今新潟で一番のショットバー」
との評判とか。

他のお店も、
「貸し切り」の紙がドアに貼ってて、
さすが年末の週末。

それから、
けやき通りの1本裏通りをさまよい、
お店探し。

ある居酒屋風のお店に入ると、
見覚えのある店内の造り。

確か、昔タイ・ラオス旅行でご一緒した、
元CAさんがオーナーをしてらした、
タイ料理のお店のような・・・

「ここって、タイ料理のお店でしたよね」
と言うと、
「元CAさんがやってたお店だわ」
と、さすが情報雑誌の編集長さん。

タイ・ラオス旅行の前だか後だかに、
参加者で食事会があって、
確か2Fでタイ料理を頂いたんでした。

閉店されたのか、
それとも別の場所に移られたのか・・・

それから2Fの個室席に上がり、
2時間ほど、飲み直し&〆。

終電時間ギリギリの、
午後11時半近くにお開きとなり、
同じ方面に乗る3人で駅まで駆け足。

久々の新潟駅に着くと、
「あ、切符買わなきゃっ」
と言うと、
「切符買うの?!(Suica無いの?!)
早く買って来て!」
と呆れられたり(苦笑)、
東京の駅のホームみたいな、
2Fの在来線から初乗車もできました。

年末週末のけやき通りは、
賑やかできらびやかだし、
久々の新潟駅周辺は開発されて、
学生の頃の駅の面影がなくてでびっくり。

酒席での皆さんのお話は、
第一線で男性並みに働く女性の、
ディープで複雑系なリアリティーと、
激しめの情動のエネルギーで充満。

翻って我が身と言えば、
生活圏は店と家とその数キロ圏内だし、
日々接してる方々と言えば、
大先輩のご年配の方々が多いので、
メンタルモードは、いたって平穏で穏やか。

が、今日は同世代で現役バリバリの、
結構はっきりモノ言う方たち。

お酒も手伝ったのか、
煮詰まって答えの出ない、堂々巡りの、
学生時代の「ゼミ」の様相に(苦笑)

最初は、久々のモードに面食いらい、
モードチェンジに時間がかかりましたが、
最後は、熱かった学生時代に戻った感じで、
なんだか懐かしい気分に。

また、異業種・「異人生」交流の体もあって、
私にとっては興味深く、
なかなか中身の濃い飲み会でしたねぇ。

この度は縁あってご一緒した旅行でしたが、
慰労会までセッティングしてくださり、
ありがとうございました!
また機会ありましたら、ぜひお声がけください!
スポンサーサイト