FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「アジア料理を食べる会」2019年1月

20190113ドライバナナ&タマリンドジャム


今日は日曜日の定休日。

ですが、
今年最初の「アジア料理を食べる会」。

真冬の時季ということもあり、
雪の夜道を避けて、お昼での開催です。

今日は、連休の真ん中ということもあり、
少な目の9名さまのご参加です。

本日ご用意したお料理は・・・

●ドライバナナ&タマリンドジャムサンド
20190113ドライバナナとタマリンドジャムサンド➀
本場タイのスナックで、
酸味のある「タマリンド」ジャムが、
間に挟まれてて、後引く味。

現地駐在員さんたちの、
おススメお土産だとか。

何度かタイに行ったことありますが、
当時は見つけられなかったなあ。

●ジャガイモとパクチーの涼拌(中国)
20190113ジャガイモとパクチーの涼拌
千切りジャガイモとパクチーの和え物。

ジャガイモの千切りをさっと茹で、
水にさらして冷やし、
シャキシャキ感を残します。

「シャキシャキ感がいいわね~」
「美味しいー!」
を頂きました。

●台湾ピータン豆腐(台湾)
20190113台湾ピータン星長豆腐
台湾産「松葉」ピータンと、
栃尾の星長さんの「おぼろ豆腐」のコラボ。

こちらも、
「うわっ、美味しー!」
「美味しいねー」
を頂きました。

●大根餅(中国)
20190113大根餅
中国では、
お正月に食べられるとか。

前日から仕込んで用意。

千切り大根を下茹でし、
干しシイタケ、干しエビ、ハムと共に、
上新粉などの粉に混ぜ込み、
型に入れて40分ほど蒸して、
固まるまで冷やします。
20190113大根餅➀
食べる直前に、スライスして、
油で表面を焼きので、
表面はカリカリ、中はトロトロです。

食べるのは、あっという間ですが、
意外と手間と時間がかかる一品です。

「中、トロトロねぇ、美味しいー」
「そんなに手間がかかってるの!」
「干しエビの味がするー」
を頂きました。

●大根と豚肉の煮物(ベトナム)
20190113大根と豚肉の煮物
引き続き、大根料理。

先日常連さまから頂いた大根が、
めちゃくちゃ甘い美味しい大根だったので、
ぜひ使わせて頂くことに。

下茹でした大根と薄切り豚ロースを、
砂糖、ナンプラーなどの煮汁で煮ます。

色は薄いですが、
味がしっかり染み込んでいます。

「味が染みてるねー」
の声が聞こえてきました。

●レンコンとごぼうのサブジ
20190113レンコンとごぼうのサブジ
地物が出回ってるレンコンを、
スパイシーなインドの味付けで。

薄切りのレンコンで、
シャキシャキ感を残したいので、
一気に過熱します。

「シャキシャキしてるー」
「火入れ過ぎると、
シャキシャキ感が出ないのよねー」
「ピリ辛なのねー」
の声が聞こえてました。

●ポッサム(韓国)
20190113ポッサム
茹で豚肉です。
「ポッサム」というのは、
風呂敷などで「包む」、
という言葉、意味があるとか。

前日から茹でて用意しましたが、
今朝、鍋の蓋を開けると、
表面は真っ白で分厚いラードの「蓋」。

1キロの豚バラ肉を煮ましたが、
固まったラードを全て取り出すと、
両手で包み込めるほどの、
大きめのリンゴ1個分くらいの量に・・・・

下茹でしてなかったら、
これが体に摂取されると思ったら、
ぞっとします。

食べる時は、
茹でた白菜の上に茹で肉を乗せ、
キムチと自家製「サム・ジャン」を付けて、
くるんで頂きます。

「うわっ、これ美味しい!!」
「初めて!、美味しー!!」
の声が。

自家製のサムジャンは、
味噌、コチュジャン、はちみつ、
薬味などが色々入り、
複雑で、なんとも奥深い味。

以前食べたお店のものは、
サムジャンがすごい薄味だったので、
全体的にも味気が無く、
私の口にはイマイチ合わず・・・

茹で豚も白菜も、
一切味付けしてないので、
「サムジャン」がポイントですね。

●ミー・ゴレン(インドネシア)
20190113ミーゴレン
「ナシ・ゴレン」の麺版です。

当店の「ナシ・ゴレン」をご存じの方々も、
「あら、麺もいいわねー!」
初めての方も、
「これ、ほんと美味しいぞ」
と声が。

山盛りで召し上がる方もいて、
「お腹いぱっぱいで、
食べれないと思ったけど、いけるわ!」
の声も。

以前ランチで出してましたが、
また復活してもいいかも。

●トマトと卵のスープ(中国)
20190113トマトと卵のスープ
茹で豚のスープとチキンスープ、
生トマトをたっぷり入れて煮込み、
3種類の旨味が出まくったスープ。

皆さん1滴も残さず、完食されてましたねぇ。

今日は、途中でお楽しみが。

年明け恒例の「お年玉交換」です。
お正月の歌を歌いながら、
プレゼントを回します。
20190113お年玉交換
お二人がプレゼントをすっかり忘れ、
紙に名前などを書いて「目録」にして、
それを回してましたねぇ。

次は、朗読と音楽です。

以前、オーナーが、
「第一回故郷に送る手紙コンテスト」で、
故郷のこと、店の床板のことを書いて、
2等賞を受賞したことがありました。

その授賞式では、
選考者のお一人、新井満さんが、
オーナーが書いた文章を、
音楽をバックに朗読されました。

参加者のお一人がそのことを知り、
「アジア料理の会で、
ギターで伴奏をつけて朗読しようか」
とお申し出てくださいました。

実際に「杜々の森」や、
床板があった小学校にも行かれたそうで、
風景画なども何枚かお描きに。
20190113杜々の絵
で、今日の会で、
「杜々の森」の風景画をバックに、
受賞作品の朗読演奏。
20190113朗読と演奏

「作者本人の前で朗読したの初めて~、
緊張した~」
「このためにこの曲はじめて練習しました」
とのことでしたが、
ギター演奏のタイミングなど、
効果的な演出がされてましたねぇ。

「ほんと、涙が出ます・・・・
ありがとうございました」
とオーナーは号泣してました。

色々と準備してくださって、
ありがとうございました!

また、詩吟をされてる方も、
またまた「源氏物語」を披露。
20190113詩吟発表

最後には、参加者のお一人から、
皆さんにお土産。
20190113オータムポエム
産直?のオータムポエムとか。
最近スーパーでも出始めましたねぇ。
ご馳走さまです!

今日も皆さま賑やかで、
盛り上がってましたねぇ。
本日もご参加くださいました皆さま、
ありがとうございました。

次回の日程も決めてくださって、
重ねて、ありがとうございます。

次回は、3月ですが、
それまでお元気で、
皆さまのご参集、お待ちしております!
スポンサーサイト