FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「第1回吊るし飾り倶楽部」&お饅頭

201902181回目


今日は午後から、
「吊るし飾り倶楽部」の初回です。

先日展示をご覧になった方から、
「私も作りたいです!」
とお申し出があり、
「じゃあ、一緒に作りましょう」
ということに。

珈琲飲みながら、
2時間半で「ウサギ」が完成。

我々が最初に作ったものに比べたら、
時間も、完成度も、雲泥の差!

「次これ、次これやってって、
言ってくれるから~(早くできた)」
「教えるの上手なんですよ~」
とおっしゃってましたが、
確かに、「無駄無く」はできたかも・・・。

半年で作り上げた縁起小物は、
全部で460個ありますし、
「ウサギ」は、15、6個は作ったので、
上手く行かないことや失敗は、数知れず・・・

なので、試行錯誤しながら、
「無駄なく綺麗に作るコツ」
といったモノは、半年間の間で、
知らぬ間に身に付いたかもしれません。

我々の失敗を「踏み台」にして(笑)、
サクサク作って頂ければ・・・と思います。

ところで、夕方閉店後、
ご近所の方がご来店。

以前、「おでん」をおすそ分けし、
「こないだは、ごちそうさまでした。
温泉に行って来たから」
とお饅頭のお土産。
20190218お返しお饅頭

あんな前のことなのに・・・

今まで気にかけてくださってたのか・・・
申し訳ない・・・
お気遣い、誠に恐縮です。

オーナーは、
「お返し持って来られたじゃない!
物をあげるって、面倒なのよ!」
と言いましたが、
「というか、そもそもあれは、
その前にあちらから頂いた、
野菜のお礼のつもりだったんだけど・・・」

「有難い」という気持ちは、
もちろん言葉でも伝わりますが、
やっぱり形あるモノに乗せると、
「手間・ヒマ・コスト」がかかった分、
本気度が心に届くような気がします。

もちろん、
無理のない範囲でのお返しが、
人付き合いを長続きさせる秘訣。

今年のお正月明け、
「『今年を最後にしたいと思います』
っていう年賀状、最近急に増えたわ」
とおっしゃる高齢のお客さま。

お返しのやり取りは、人付き合いの証。

いつでも快くお返しができる「余裕」を、
色んな意味で、長く持っていたいものです。
スポンサーサイト