FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



こしじ掲載日

20192021手づくり雛

今日は、日報さんの情報欄に、
「吊るし飾り展」の情報が掲載。

すると、開店の2時間前から、
電話に着信があったり、
開店と同時には、次々お客さま。

北区から迷いながらご来店くださる方や、
吊るし飾り作りを考え始めた頃、
「私はもう小物作らないから、これ使って」
とハギレを大量にお貸しくださった方が、
半年ぶりにご来店。

「今日、新聞に出てたでしょ!
『出来上がったんだー』と思って」
と入ってらして、
ここに来る前に寄った先で、
売っていたという野菜を頂きました。
20190221差し入れ野菜
お心遣い、ありがとうございます!

半年ぶりの再会の挨拶もそこそこに、
振り返ってギャラリーをご覧になると、
「あらー!!、すごいじゃなーい!
良く作ったわねー!」
と感嘆の声。

「作っても1、2本くらい」
と思ってらしたそう。

ずっとお借りしてた、
ハギレをお返ししようとしたら、
「え、これ、私の?」
「はい、展示が始まったら、取りに来ると」
「え、そうだった?忘れてた。
中身は・・・確かに私のね・・・」
「はい、長いこと、ありがとうございました!」
「・・・あげるわ!それとも、もう要らない?」
「いえいえ、また来年用を作り始めたので」
「じゃあ、あげる!、ケースもあげるわ!」

いや~、有難いことですねぇ。
大事に、大事に使わせて頂きます!

他にも、2Fは、
お久しぶりのママさんグループが、
予約ランチをしてくださったり、
朝刊を見た初めての方々も、
次々いらして、お茶してくださいました。

お久しぶりの方も、出先の帰りに、
お仲間とランチにいらしてくださって、
出先で購入されたお品の差し入れが。
20190221差し入れごま豆腐
珍しいものをごちそうさまでした!

午後には、お久しぶりの方が、
お友達とご来店。

以前いらしたのは、
「猫展」を観にいらした、
去年の8月中旬頃でした。

その数日後に再来店され、
展示で飾っていた「居眠り猫」人形を、
「自分でも作りたい」と写真撮影。

「撮影させてもらったお礼に」
と、ちりめんで手づくりされた、
「縁側で夕涼みする猫」のセットを
「寄贈」してくださったんでした。

ちょうど「吊るし飾り」を始めた頃で、
「私も何体か作ったことあるから、
もし困ったら、いつでもSOSしてください」
とおっしゃってくださったんでした。

それから半年。

「『吊るし飾りできたかな~』って、
新聞、ずっと見てたのよ」
とのことで、
随分長いことお待たせいたしました。

今日は、出来上がった「居眠り猫」や、
古布の雛人形を持ってらして、
わざわざ見せてくださいました。

また、こちらも手作りだという、
「立ち雛人形セット」を、
今日もまたまた「寄贈」くださいました。

早速ギャラリーに設置したものの
「敷物があったほうがいいな・・・」
と思い、急きょ布を探したら・・・・・
ちょうどいい赤布が!

また、完成しつつも今回吊るさなかった、
「桜の花」も出して来て、
一緒に飾りつけすることに。
20190221プレゼント雛
一気に春モードが増しましたねぇ。
やっぱり布のお雛さま、いいですね。

「実は、布のお雛様も、
出来たら作ろうと思ったんですけど、
吊るし飾りで手いっぱいで、
間に合わなかったんです・・・
これ、作るの難しいですか?」
と言うと、
「これだけ(吊るし飾りが)作れれば、
すぐに作れるわよ!」
とおしゃって、
ザックリ、作り方を教えてくださいました。

ポイントは、
お雛様とお内裏様の着物が、
同じトーン、風合いで揃えることだそう。

確かに!

ちょうどいい着物地に巡り合うのを、
じっくり待って、焦らず作りたいと思います。

来年は、「吊るし飾り」プラス、
「雛人形」も飾れたらいいですね。
スポンサーサイト