FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



薪5箱、テイクアウト、コースター&ウインド3月号

20190226薪5


今朝店前には、
ダンボール5箱!分の木材が。

昨日夜の間に、
またまた薪を運んでくださった方が。

もう終わりだと思っていたのですが。
ほんと、有難いことです。

早速、家族にお願いして、
大きいものはストーブに合わせて、
裁断してもらったり、
20190226薪5の5箱
濡れてるものは、天日干し。

歳を取ると、
「動かないと、動けなくなる」
とはよく言いますが、
お蔭さまで、運動嫌いの家族も、
家でボーとせずに済むし、
目的のある作業に携わって、
頭を使って、知らずに体も動かせて、
いいことばかりです。

ありがとうございました!

今日も開店すると、お客さまが次々。

男性の常連さまも、
「おー、雛人形ですか!
すごいですねー!」
「あれ、初めてでしたっけ?」
「そうです、そうです。
前来た時は、まだ何か作ってらしたから」

完成形を観て頂けて、良かった。
特に途中経過を知ってる方は、
驚かれますねぇ。

また、お一人の年配の女性は、
ピザトーストをご注文くださって、
雑誌を読みながらごゆっくりされて、
帰り際、最後にもう一度、
ギャラリーを観に行かれ・・・・

「この小物の作り方は?」
とオーナーに聞かれたので、
私が対応に出ると、見覚えのあるお方。

「あ!、もしかして・・・・
民族ブローチ、くださった方ですよね!」
「・・・・・あ、はい」
「良かった!、またお会いできて!」
ずっと、お礼したかったんです」

去年5月の「絵画キルト展」で、
JRで初めていらしてくださって、
色々お話させて頂いてたら、
最後に胸元に付けてらした、
「民族人形のブローチ」を、
「あなたにあげるわ」とくださった方。

当時、在庫の安物菓子袋を、
「こんなものしかなくて・・・」
とお礼に差し上げようとしたら、
断固、固辞。
「そしたら・・・・
次いらした時、サービスします!」
と言ったっきりのままでした。

「今日は芳名帳にお名前、書いてくださいね」
「・・・名前、忘れちゃったわ」
「あら~、そうなんですね~。
・・・そしたら、お好きな名前でもいいですよ」
「じゃ・・・『美空ひばり』って書こうかしら」
「いいですね~!、そしたら次からは、
『新潟の美空ひばり』ってお呼びしますね」

などと言いながらも、
お名前とご住所を書いてくださいました。

今日は再会出来て、ほんと良かった。
足をお運び頂き、ありがとうございました!

昼過ぎには、
久々のお友達グループさまで、
年明け初めての集まりのようでした。

ランチのご注文の他に、
常連のお一人は「お皿持参」くださって、
「台湾ビーフン」のテイクアウトもご注文。
そしたら、ランチ後にお友達の方も、
テイクアウトされることに。
20190226テイクアウトビーフン
重ね重ね、ありがとうございました!

午後にも、
展示がお目当ての方々が次々ご来店。

1年ぶりくらいの方が、
初めてお友達といらしてくださったり、
新聞を見て初めていらした方は、
当店の色々な新聞記事を切り抜きして、
ずっと持っててくださったそうで、
「いつか行きたい」
と思ってらしたのだそう。

ご来店のご縁が無かったのに、
今回初じめてご来店に至ったとは・・・・
「吊るし飾り」パワー、恐るべしです。

また夕方近くには、
バスでいらした方が。

「今お電話下さった方ですか?
古町の方からって」
「そうです、そうです。
お寿司屋のあたりで電柱が倒れて、
通行危険でバスが停まってしまって。
バス下りて、4、5停留所分、歩いてきました」
とのこと。

お二人でいらしてのですが、
「こちらの方はバスで一緒になって。
一緒に降りて、一緒に歩いてきたの。
この方も手芸とか好きだって言うから」
と、お連れくださったのだとか。

有難いことです。

と、対応していると、見覚えが・・・

「初めてではない・・・ですよね?
お顔に見覚えが・・・」
「そうよ!、『キルト』の時!」
「ああ!、『絵画キルト』の時ですよね!
覚えてます、覚えてます!」
と言うと、突然、
「今日は聞いて欲しいことがあるのよー!」
と叫ばれて、
「え、あ、はい、聞きます!、聞きます!」

確か、手芸を色々されてる方で、
古町の方からいらしてくださって、
色々お話しした記憶が。

「こういうの作ったんだけど。
吊るし飾りされてるなら、
分かってもらえると思って」
と、1年がかり!で作られたという、
コースターを見せてくださいました。
20190226コースター
コースターとしてではなく、
「吊るし飾りにできないか」
ということでしたねぇ。

その後も、閉店過ぎまで、
ソーイングの話で盛り上がり、
ネクタイ・リメイクの話では、
ネクタイの解体の仕方、洗い方など、
色々ご伝授して頂きました。
ありがとうございました!

また今日は、シネウインドさんから、
「ウインド3月号」が届きました。
20190226ウインド3月号
いつもありがとうございます。
店頭に置いてありますので、
ぜひご覧くださいませ!

今日も色々な方々より、
ご来店、ご利用して頂きましたねぇ。

特にかなり久々の方々のご来店では、
「『吊るし飾り』が引き寄せたんだなあ」
と「吊るし飾りパワー」を実感した一日でした。

ご来店・ご利用頂きました皆さま、
ありがとうございました!
スポンサーサイト