FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



りんごの食べ方

20191203差し入れリンゴ


今日は展示者の木村さんが、
お友達の方々とランチにご来店。

作品を初めてご覧になったのか、
一緒にいらしたお友達の方々からは、
「こんなに沢山作ってたんかね~!」
「頑張ったねぇ!」
「すごいねー!」
の声が聞こえてきましたねぇ。

20年以上かけて、
お一人で作られた作品。
バラエティーのある作品は、圧巻です。
沢山の方々に観て頂きたいですねぇ。

木村さんからは、
「リンゴ」を沢山頂戴しました。

お心遣い、ありがとうございます!

そう言えば、
スーパーの果物売り場も、
先週くらいから、
柿からリンゴにメインが変わってきました。

寒さが厳しくなり、
秋から冬の訪れを感じるようになり、
風邪、インフルエンザも流行ってるとか。

「医者いらず」と言われるりんご。

季節に適した果物が味わえるのも、
日本の自然、四季の豊かさの証拠。
有難いことです。

ところで、
最近ハマっている「りんご」の食べ方。

普通、縦に8等分のくし切りにし、
芯を取り、皮をむいて食べますが・・・

ここ最近は、
皮をキレイに(時には洗剤で)洗って、
皮付きのまま「横」にスライスして、
そのまま食べます。

タネと芯は、思いのほか気にならず、
ギリギリまで果肉を食べつくせます。

皮の周り、タネの周りが、
一番栄養価が高く、美味しいのだとか。

それになにより、廃棄されるのは、
ほぼタネくらいで、とてもエコな食べ方。

そうだ!、柿が干せるなら、
りんごも「干しりんご」を作れるかもしれない。

やってみる価値はありそうです。
スポンサーサイト