FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



Thai & Laos study tour at 5th day

今日で、ラオス最後です。
というか、タイまでもどり、明日朝方タイを立ち、
明日朝には韓国に着きます。

6:00 起床
6:30 村のお寺でお坊さんに喜捨
村に用意された食べ物などを喜捨し、
お経に耳を傾けお祈りしていると、
猫が・・・・
猫好きには撮らずにおれなかった(笑)
タイもそうでしたが、
村には犬(最終的には食用・・・)が多くいるのですが、
寺には猫なんですよねぇ、なぜか。
喜捨シーン

7:00 村の集会場で朝食 & バイシー
ラオス最後のバイシー 村での最後の食事

朝食では、イナゴ?のような虫の素揚げが出てきて、
チャレンジ。足と羽をむしりとって食します。
香ばしくて、腹の部分は甘みがあっておいしい。

また今日は、村最後の食事で、通訳さんも居たので、
全食事についてきたチリソースの作り方を教えてもらい、
村の人に「どれが一番好きか」と聞かれたので、
「このソース!」と言うと、
なんと瓶詰めにして持たせてくれました。
新潟に着いたときには、
気圧の関係で液体はもれてましたが、
何とか持ち帰ることが出来ました。
近いうちに味を再現しようと思います。

8:30 村を出発
食事が終わり、荷物を整理して、
いよいよお別れです。
お世話になったステイ先のお宅には、
残った蚊取り線香やら、シャンプーやらを
置いてきました。
ステイ先の家族の最後2

ステイ先の家族と2
最後に家族と写真。
村人たちともラオ式のお別れと、
日本式に万歳三唱をしてお別れです。
村人とお別れの万歳三唱

村に来たときと同じように、
子どもたちが列になって見送ってくれました。
途中、名前を覚えてくれた男の子や、
ステイ先の子、新ダ連の奨学生もいて、
思わずハグしてお別れしました。
PC300628.jpg ステイ先の娘親子

ステイ先の娘さん親子は、
車が出る最後の最後まで見送ってくれました。
(写真は、車の助手席の窓から撮ったものです。)
本当にお世話になりました。

今回のラオス滞在は、
EDF-Laoのスタッフさんが
「皆さんの快適のために・・・」
とおっしゃってましたが、
思っていたより快過で、ちょっと拍子抜け・・・
村にとっては初めての外国人だったそうで、
本当に良くして頂いたのだなあと実感。
皆さんに感謝をしつつ、今度来るときは、
より支援を必要としている所へ行って見たいですねぇ。

村を離れて、今度はラオスとタイの国境の町ターケークへ。
10:00 EDのOSOP(一校一品事業)を実施している、
ポーサイ学校へ。
ここは、アメリカ人で早稲田の教授が資金を出して、
加藤さんという方が設計した校舎を新築した学校で、
OSOPは、なまずの養殖です。
加藤氏設計の教室 OSOPなまず飼育

EDFの活動は、奨学生支援ばかりでなく、
皆さんからの募金・寄付から、
このようなOSOPとか涼しい校舎の建設にも及ぶそうです。
ホント大変なお仕事です・・・・。

12:00 ターケークで昼食
ラオス最後の食事1 ラオス最後の食事2

ラオスチャーハン ラオス式コーヒー

麺は、生野菜とか調味料を好みで入れて食します。
コーヒーは念願の地元ラオスコーヒー!
と思いきや、インスタントでした・・・
ただやっぱりコーヒーは、
カップの底にコンデンスミルクを入れて、
好みで混ぜて飲むラオス式でした!

食後は近くのお店で買い物。ラオスのお酒を買いました。
PC300657.jpg

13:00 今回の旅行で唯一の観光、タムパ洞窟へ。
ターケークの町並み 町外れへ

洞窟入り口 Tham Pha cave

この洞窟は、2004年発見されたばかり。
おじいさんがコウモリを追って中に入って、
発見された洞窟だそうで、
内部には、石の仏像が何十体も安置されていて、
16世紀の人たちが隠したのだそうです。

内部の写真撮影禁止で、
女性は20B払って巻きスカート着です。
洞窟の中ではくじ引きをし、9番。
訳してもらうと、ナントこれが超大吉なみ!
まったく悪いとこなし。来た甲斐がありました(笑)

15:00 ターケークに戻り、市場で買い物。
16:00 ラオス出国。
船乗り場近くのお土産店で
ラオスコーヒー豆をゲットして一安心。
ここでEDF-Laoスタッフともお別れ。
お世話になりました。
スタッフが活動しているルートを実際通ってみて、
その大変さを体感し、よ~く分かりました。
ホント大変なお仕事です。
これからもラオスの子どものためにがんばってください!

16:20 タイ入国
17:00まで近くの市場で買い物。
16:30には、待ち合わせ場の戻り、
現地の教育委員会のスタッフと片言英語で交流。
市場で買ったタイのお菓子の説明してもらったり、
リュックに入ってた羊羹をあげて説明したり、
ラオスの洞窟のくじを読んでもらったり・・・・。

17:00 タイスキで夕食
20:00 ナコーン・パノム空港へ移動、チェックイン
現地教育委員会スタッフと記念写真。
われわれのために休日出勤だったそうで、
有難うございました。
at nakhon phanom airport


21:30 バンコクへ出発
PC300692.jpg PC300694.jpg

機内食


22:35 バンコク・スワナプーム空港着。
タイに着くと、ラオスとは違ってむっと蒸し暑く、
近代的で出来立てほやほやの空港は、
朝まで居たラオスとはあまりに別世界・・・・
あっという間に近代的な生活モードへと、
自分が換わっていくのを実感。
片やラオスの村の人たちの生活も頭に浮かんできて、
なんともいえないヘンな感覚になりました。
それだけラオスの2日間は、
意味があったのかもしれません・・・。

明日は韓国、新潟到着です。
スポンサーサイト