FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



二日続けて・・・・

昨日、今日と小さな女の子のお客様が、
おばあちゃんとお昼にご来店。

昨日の女の子は小3年生、ちょうど1年ぶりのご来店。
春休みだったそうで、
「杜々さんに行きたい!」
とおばあちゃんにねだって来て下さったとか。
思い出してくださって、ありがとうございます。

食事の注文をするのに迷ってたところ、
突然私のほうを振り返って、
「『お姉さん』ならどれがいいですか?」
と聞いてきました。
「おぉ、まだまだ『お姉さん』でもいけるのか!」
と内心ちょっとうれしくなりました(笑)

「じゃあ、1年前来たときはミートソースだったから、
今日はオムライスにしてみる?」
といってオムライスに決定。
大人一人前のオムライスをぺろっと平らげてしまいました。
育ち盛りって感じの食べっぷりで、
見てて気持ちよかったです。

で、今日いらした女の子は、
まだまだ小学生前の4、5歳ぐらいでしたが、
ご注文品を出して洗い物をしていると、
カウンター越しに彼女と目がよく会うのです。
とはいえ、彼女と直接おしゃべりすることも無く、
私は休憩タイムでお店を引き上げました。

休憩が終わって戻ると、
すでにこの女の子は帰った後でしたが、
『お姉ちゃんにも!』
といってラムネ菓子一粒を置いってくれたそうです。
P4041436.jpg

ラムネ一粒でも「あの人にあげよう!」
と思ってくれた気持ちもさることながら、
というかそれ以上に(笑)、
お世辞を使えないような小さな子に、
「お姉ちゃん」と言ってもらえたことのほうが、
妙に嬉しかったのは、年のせいですかねぇ(笑)

でも昨日、今日の件で、
生まれたばかりと2歳の姪っ子の2人には、
「まだまだ『おばちゃん』と呼ばせないくてもいい!」
とあらたに決心しました(笑)
スポンサーサイト