FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



カント ジ フア ライブ in 杜々

今日は定休日のイベントデー。

今日のコンサートは、
石山おやこ劇場さまが主催の、
「カント ジ フア(街角)」さんのコンサートです。
スティールパン、チェロ、ガットギターの編成で、
グループ名の通り、
全国各地の「街角」で演奏活動されていて、
昨日は長野でのコンサートがあったそうで、
車に楽器を積んで新潟入りしてくださいました。
お疲れ様でした。

杜々としては、久々に夜のコンサート。
おやこ劇場の方も早めに会場入りしてくださって、
薪ストーブや各テーブルにキャンドルを置いて、
すごく素敵な雰囲気にしてくださいました。
081012薪ストーブの上に

演奏はというと・・・・すっごくよかったです!
オリジナルの曲からおしゃれなアレンジの赤とんぼ、
チェロとギターのりベルタンゴも素敵でしたねぇ。
PA123653.jpg

081012カント・ジ・ファ3

PA123621.jpg
MCもとっても楽しい!
お客さまを取り込んで飽きさせないし、
さすが津々浦々行って場数を踏んでらっしゃる!
常に笑顔で臨機応変な対応はおみごと!
PA123675.jpg
ネタ?あり、メンバー同士の突っ込みありで、
とても楽しかったです。
楽器説明もそれぞれキャラが出てて楽しかったです。
081012スティールパンの説明

途中お客さまの中で今月誕生日の方いらしたので、
皆さんで「Happy birtyday to you」を歌ったり、
曲に合わせて皆さんで手拍子したり。
081012カント・ジ・ファ6
後ろにいた1歳くらいのお子さんも、
ママさんと一緒に踊ってました。ある意味すごい!
PA123693.jpg
それにしても・・・・
スチールパンの軽やかな音色、
チェロの一貫して流れる安定感のある音色、
ガットギターの躍動感あるリズムという、
全く異なるルーツにジャンルに楽器なのに、
交り合っている音とリズムを聞いているうちに、
なんともいえない心地よさと高揚感を感じるから不思議。

それぞれの楽器の音を聞くと、
南国、ヨーロッパ、ブラジルなどの風景が浮かぶのに、
3つの音色が交わると、
初めてなんだけど魅力的な場所に入り込んだような感じ・・・
これが「カント ジ フアの音楽」なんですねぇ。
081012カント・ジ・ファ1
3人がそれぞれテクニックをお持ちなので、
それぞれの楽器を十二分に楽しめるだけでなく、
3人の演奏が重なって全く別の音楽も味わえて、
予定時間を1時間もオーバーする盛り上がり!
とっても充実した素敵なコンサートでした。

なにより・・・・
3人が、ホント楽しそうに演奏するので、
見ているだけでもこっちもハッピーに気分になりました!

カントジファの皆さん、
そしてなにより企画運営されたOさん、
素敵な音楽と人の出会いを運んでくださって、
本当にありがとうございました。
心より感謝いたします。
081012皆さんと

ところで、コンサートとは関係ないのですが、
先日の「ベルリンフィルの12人のチェリストたち」
のコンサートで初めて生のチェロを聴いてから、
すっかりチェロにハマっているのですが、
チェロの方は、
東京シティーフィルハーモニック管弦楽団の
チェロの団員さんでもあるそうで、
早速プロの方からお薦めのチェリストと曲名を
教えていただきました。

さらに杜々の室内の反響がとても良かったらしく、
「ピアノもあるし、薪ストーブの感じがいい。
別のユニットでぜひ演奏しに来たい」
と言っていただき、お名刺いただきました。
そんな日がいつか来るなら、ほんと幸せですねぇ。

また、夜ごはんに召し上がったキーマカレーが、
とてもお口にあったようで、
チェロの方からは、
「お世辞とかじゃなくてほんとおいしかった。
いままで食べた中で5本の指に入る」
と言っていただきました。
ギターの方は、お料理に凝ってらっしゃるそうで、
入っている香辛料がお分かりになったので、
作り方などで話が盛り上がりました。
帰り際には、「カレーまた食べに来ます!」
と言ってくださいました。お世辞でもうれしいですねぇ(笑)

あと、今日いらしたお客さまで、
オーナーの知人のお嬢さんが、
なんと東京のスチールパンオーケストラに
所属してらっしゃるとかで、
休憩の時、スチールパンの方と、
いろいろお話ができたみたいでホント良かった!
明日の午前のカントジファの演奏会にも
行かれるみたいで、良かったです。

そうそう、後片付けの時、
「ケースに入った」チェロを初めて持たせてもらいました。
どんなに重いかと力を入れて持ち上げたら、
軽い!ものすごく軽くてびっくりしました。
昔よりケースが軽くなったのだそうですが、
それにしても軽くてびっくりしました。
また、スチールパンも近くで見せていただいました。
PA123716.jpg
どこを叩くとどの音が出るのか覚えるの大変そう。
スチールパンは楽譜がないそうで、口伝えとか。
本場トリニダードトバゴにも行ってらしたそうで、
1曲を覚えるのに、数か月かかるのだとか。
音のイメージと違って、
体で覚えないとなかなか難しい楽器ですねぇ。

新しい音楽と新しい人、
新しい人と人との出会いがたくさんあって、
とても実り多き素敵な夜でした。

開店以来、毎月のイベントで、
沢山のパフォーマスを拝見してきましたが、
「カントジファ」さんのパフォーマスは、
5本、いや3本の指に入りました(笑)
もっと沢山の方に聞いていただきたいですねぇ。
またいつの日かお会いできることを心より願っております!
スポンサーサイト