FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



東京交響楽団第50回新潟定期演奏会

今日は定休日。

いつも大変お世話になっている方より、
コンサートチケットをいただいたので、
25度の最高気温でいい天気、
午前中にいろいろ作業を終わらせて、
久々に自転車でのお出かけ休日です。
先週のカントジファくらいから、
やっと(笑)「芸術の秋」モードです。

コンサートは、りゅうとぴあのコンサートホールで、
東京交響楽団の新潟定期公演。
それも、りゅうとぴあ10周年記念で、
新潟のBSNの鍵富アナウンサーの息子さんが、
バイオリンのソリストとして参加。
彼は10年前の12歳の時、
りゅとぴあ開館記念コンサートで、
東京交響楽団のガラ・コンサートで共演してるのだそう。
すごいですねぇ・・・・。

東京交響楽団の定期公演では、
毎回無料の「ロビーコンサート」があるそうで、
せっかくなので早めに家を出て行ってきました。
午後1時からのスタートで、
床や階段に座ったり、立ち見でのコンサート。
バイオリン4人、チェロ2人の編成で、
「ブラームスの弦楽六重奏曲
第1番変ロ長調作品18」を演奏。
ロビーコンサートとはいえ、聞きごたえあり、
サロンコンサートっぽくて素敵な演奏でした。
拍手が鳴りやまなくて、
演奏者たちは戻って来て拍手に応えてました。
PA193741.jpg

ロビーコンサートを後にして、
時間があったので、万代は伊勢丹へ移動。
横浜中華街フェアをしているので行ってきました。
PA193742.jpg
エアコンが効いていないのか、熱気がすごいのか、
揚げ物の匂やら、いろんな匂いがして、
まさに「中華街!」って感じでした(笑)

匂いに負けて外に出て、
せっかく万代に居るのでラブラ万代のCDショップへ。
「カントジファ」のチェロの方より薦めていただた曲と、
チェリストのCDを早速探してみました。

さすがヨーヨー・マのコーナーには、
沢山CDあったのですが、
ショップによるのか新潟だからなのか・・・
ご推薦のチェリストはあまり置いてなくて、
結局、ジャクリーヌ・デュ・プレのチェロで
「ドボルザーク チェロコンチェルト」と、
ピエール・フルニエで「バッハ 無伴奏チェロ組曲集」、
「17世紀のチェロ音楽」の3枚を買ってきました。
買ったCD
それにしても、普通のアルバムCD1枚分で、
クラシックだとCD3枚も買えるんですねぇ。お得!

と、時計を見ると、開演30分前!!
猛ダッシュで自転車こいで、りゅうとぴあへ。
自転車を置いて上の入口へ上がると、
すごい夕日がきれいで、時間もないのに思わず撮影。
PA193744.jpg
チケットくださった方はすでに来てらして、
なんとか間に合いました。
席は、2Fのステージ裏でパイプオルガンの真横。
初のステージ裏で、
目の前にほぼ満席の客席の壁が見えて圧巻。
演奏してる方って、こういう風に見えてるんですねぇ。

プログラムは、
チャイコフスキーの歌劇「エフゲニ・オネーギン」より
「ポロネーズ」と、
「バイオリン協奏曲二長調作品35」、
「交響曲第5番ホ短調作品64」。

さすが生のオーケストラは迫力ある!
下から弦楽器などの音が渦巻いて上がってきて、
席からは管楽器は見えなかたのですが、
管楽器が演奏すると音が天井に当たって、
上から管楽器の音が聞こえて来て、
上下から響いてくる音に挟まれているような感じに。

鍵富弦太郎君の演奏も、
オーケストラを従え引けを取ってないというか、
すばらしいテクニックで聴かせてくれました。
バイオリンのソロ演奏では、
かすかな音色にその場に居た全員が集中して、
空気がとまってバイオリンの弦の音だけに。
お腹が鳴るのも心配でしたが(笑)
思わず息するの止めてしまいました。

それにしてもステージ裏は、
演奏してる様子がよくわかるし、
指揮者の表情もよく見えて、
クラッシック初心者には結構見てて楽しい。
そうそうコンサートマスターが女性の方だったのですが、
バイオリンのソロ演奏の時、
母親のように?うなずいて聴いていたのが印象的でした。

休憩20分を入れて約2時間。
スタートが早かったせいもあり午後7時半前には、
りゅうとぴあを後にしました。
帰る途中、ロビー裏では、すでに楽器を片づけて、
帰る準備してました。
7時半終わりなら、すぐ東京帰るんでしょうか。
これから2時間の新幹線?はお疲れ様です。
素敵な演奏ありがとうございました。

そしてなによりも、
チケットを譲ってくださったKさん!
久々に盛りだくさんの充実した休日で、
リフレッシュできましたー。
ありがとうございました!!
スポンサーサイト