FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



柿の渋抜き

今日のお店は、開店前に、
ご来店したことのないお客さまから電話が。
当店でシフォンケーキを召し上がったという
お友達から聞いてお電話くださったそう。
開店後にわざわざいらしてくださって、
シフォンケーキのホール半分をお求めに。
ありがとうございました。

お昼には、オーナーの知り合いの方が、
初めてご来店のお友達の方々を連れて
ランチに来てくださったり、
以前展示してくださったトールペイント作家さんや、
常連のお客さまがお昼しにいらっしゃいました。
皆さま、ありがとうございます!

ところで、今日は午後、
とある用事で伺った近所の某職場さんから、
渋柿を44個!頂いてきました。
今年は柿の生り年だそうで、あちこちで見かけますねぇ。
渋柿44個!
まださわしていない渋柿だそうで、
せっかくなので初めての渋抜きをしてみよう!と、
早速閉店後、焼酎を買いに行ってきました。
ネット検索すると、焼酎は35度が適しているとか。
44個の柿にどれくらいの焼酎が必要か全く分からず、
スーパーで2番目に小さいパック900cc(790円)
を買ってきました。

帰ってくると、明日の気まぐれランチ用に、
この秋初!のロールキャベツを仕込み、
煮込んでいる間に、渋抜き作業をすることに。
お皿に焼酎を入れて、
柿のヘタを焼酎に2、3回浸してひっくり返し、
柿の周りに垂れすぎた焼酎を拭いて、
焼酎の付いたヘタを上にして紙を敷いた袋に入れて密封。
渋抜き
20度くらいの室温のところで、
10日から14日ほど置いておくそうです。
途中7日くらいで柔らかい柿は取り除き、
食べてみて渋の抜けが弱い場合は、
さらに焼酎に付け直して5日ほど置くと食べられるとか。
PA303830.jpg
2週間後が楽しみです!
そうそう、焼酎は100ccくらいしか使わず、
かなり割高のさわし柿になってしまいました(笑)
一番小さい360ccボトル(390円)で足りましたねぇ。
まあ、来年の渋柿にも使えるということで(笑)
スポンサーサイト