ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



さわし柿

今日のお店は、雨風冬の冷え込みの中、
本当に沢山の方においでいただきました。
ありがとうございます。

お昼をはさんで次から次へのご来店。
展示者の方々を始め、展示者関係のお友達の方々、
お久しぶりの方や初めての方々、
2Fは先日グループでいらしたママさんが、
新しいお友達といらしてくださったり。
皆さま、悪天候の中ありがとうございました。

ピークはほぼ満席状態。
最後はご飯やサラダがなくなるは、
オーナーの腰はいたくなるは、
ひと段落したオーナーは、あまりの疲れで?
今掛けてる老眼鏡を忘れて、
さらに2個目の老眼鏡を掛ける始末で、
ほんと忙しかったですねぇ。
お待たせしたお客さまは、大変失礼いたしました。

午後4時過ぎには、
久々に近くの公民館の水彩画教室の8名さまが、
教室終りにお茶にいらしてくださいました。
杜々を忘れずにいらしていただき、ありがとうございます。
来週から油絵ですが始まります。
またのご来店お待ちしております!

ところで、今日久しぶりにいらした方が、
最近よくご来店くださるお客さまと偶然店内で再会。
昔、こちらのお客さまのお子さんを子守をしていたとか。
そう頻繁にいらっしゃる方ではないので、
この再会はすごい確率ですねぇ!
再会ができて良かったです。

また今日は、すっかり忘れてた「さわし柿」の封を、
20日ぶりに開けました。
ちゃんと渋が抜けて、とても甘かったので、
お客さまの中で、欲しい方々におすそ分け。
さわし柿
『ヘタが茶色に枯れていれば渋が抜けている』
とネットに書いてありましたが、
そういえば、今年いろいろ頂いたさわし柿で、
ヘタがまだ緑ぽいのは渋が若干残ってましたねぇ。

そうそう、渋抜きの途中、水滴が袋の内側に付いて、
水滴で柿が腐ってしまうのではないかと心配で、
袋を開けるべきか、開けざるべきか迷ったものの、
開けずに我慢して正解でしたねぇ。

先ほど行ったスーパーでさわし柿売ってましたが、
大きさにもよりますが、1個50円前後ですかねぇ。
ものによっては、柿の皮が黒く変色してるのもあって、
多分周りに付いた焼酎を拭きとらなかったのかも・・・。

渋柿をたくさん分けてくださった方のお陰で、
これで一つ、生きてる間に出来ることが増えました(笑)。
焼酎まだ余っているので、来年もばっちりです(笑)
ありがとうございました!
スポンサーサイト