FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



連日の鑑賞日

今日は朝から寒かったですねぇ。
昼間には陽がさして若干暖かくはなりましたが、
朝夕はほんと冷え込みました。

そんな中、今日のお店にも、
沢山のお客さまがご来店くださいました。
2Fには3組のママ&お子さまがランチしてくださったり、
常連さま方や昨日のイベントに来てくださった、
お子さま家族がまたまたご来店くださったり。
「アジア料理を食べる会」の初代メンバーさんが、
最近退院されて顔をだしてくださったり。
皆さま、ありがとうございます。

ところで今日の午後、
前回手芸作品展をしてくださった方が、
ご主人さまといらしてくださいました。
大きな箱をお持ちだったので、
「新作の手芸作品の搬入かな?」と思ったら、
ご主人さまの会社「亀田製菓」さんの
米菓セットをお持ちくださいました。
亀田製菓セット
ちなみに一番上にのっている「sakuri」は、
セール価格の時に買って食べたことがありますが、
軽くてクラッシュアーモンドが載ってて、
米菓にしてはかなり薄めの厚さで軽い。
味も洋菓子ぽい風味と、甘塩味でおいしい!
沢山のお菓子、御馳走様でした!

閉店後は、昨日に続き外出です。
場所は燕喜館。
チェン・ミンさんの二胡ファンの集い以来ですねぇ。
演目はというと、
佐渡のムジナ(タヌキ?)にまつわる昔話を、
パーカッションと笛・三味線、佐渡弁で語る、
音楽グループ「ムジナトリオ」のパフォーマスです。

来年1月に展示してくださる宮尾さんが、
代表&所属している「新潟妖怪組合」さんが主催。
チケットは手作りのようで、
まさにムジナ気分を感じさせる凝ったもの!
妖怪探訪手作りチケット
会場にはスタッフさんたちが頭にタヌキの耳をつけてたり、
奥座敷脇の縁側に使われているという
樹齢800年のヒノキ?をモチーフにした絵が貼ってたり。
手作り感があっていいですねぇ。
ステージ

燕喜館奥座敷
パフォーマンスはというと・・・
佐渡弁、いいですねぇ。味があって。
方言は、その土地で生きている人々が持つ
感覚やニュアンスを良く伝える言語なんだなあと、
改めて実感。標準語じゃ絶対表現できないですよねぇ。
また本間よしえさんの朗読は、
静かに淡々とした抑え気味の感じが、
聴いてるものの想像力を総動員させますねぇ。
ムジナトリオ1
和楽器の木村俊介さんは、
プロフィールを見ると、かなりの実力者。
作曲・音楽監修もされてて、
坂東玉三郎演出出演の「アマテラス」に楽曲提供も。

笛、三味線の演奏テクニックもさることながら、
朗読のバックや合間で奏でられるフレーズは、
心地いいくらいお話の断片断片にぴったり!
物語の世界を聞いて大抵の人たちが持つイメージを
全く壊すことなく、さらに豊かにする音や音楽で、
さすがだなあ~と思いました。

ムジナが生きているであろう自然の空気感や、
昔話の世界感がよく現われているのも、
和楽器だからこそなのでしょうが、
津軽三味線のような和っぽいわけでもなく、
三味線や笛の和楽器のイメージが変わりました。
強弱豊かな演奏は、ほんとすばらしかったです。
和楽器の良さを再確認できた演奏でしたねぇ。
ムジナトリオ2
パーカッションの渡辺亮さん、
いろんなパーカッションや効果音があって、
パーカッションのイメージも変わりました。
今まで聞いたことのない複雑なリズムは、
ネイティブ本来の持つリズムのようであり、
聴く者の中で眠っていた生命的なリズムを
呼び起こすかのようでもあり、不思議な感覚になりました。

独特の雰囲気や世界感を醸し出した
素晴らしいパフォーマスで良かったですねぇ。

が、会場の燕喜館が寒すぎた・・・
最後の方は、あまりの寒さに、
のどは痛くなるは、トイレに行きたくなるはで、
話の内容が頭に入ってこなかった(笑)
終わってからトイレを待っていると、
入ってきた見知らぬ女性と目があって、
思わず「寒かったですねぇ」と言い合うほど。
冬の燕喜館は、超防寒対策が必要ですね。
スポンサーサイト