ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



手作り生チョコ

今日は朝から展示者の村山さんが、
またまたお嬢さんといらしてくださいました。
村山さんに会いにいらしたお客さまが多くいらして、
常駐していただいて良かったです。
ありがとうございました。

他には、近所の職場の方たちや常連さまが、
ランチや午後のお茶にいらしてくださって、
朝からお客さまが途切れることなく、いそがしかった・・。
ご来店の皆さま、ありがとうございました。

ところで、今日はバレンタインデー。

開店前の10時過ぎ、
学生時代バイトでお世話になった方より、
携帯に電話が・・・・。
お店の男性客さまにお出しする用に、
手作りチョコを作ってほしいとのこと。

「ある材料で出来るもので良ければ・・・。
でもお昼のご予約ものあるので、
いらっしゃる時まで用意できないかも・・・・。
とりあえずあてにしないで来てください。」
と言って電話を切りました。

とりあえず、ある材料をチェックし、
お渡し時間の2時までに作れるレシピをチェック。
で、「生チョコ」を作ることに決定。
ご注文の方はラム酒が好きだったのを思い出し、
ラムレーズン入りにすることに。

今回作った生チョコのレシピは・・・

ミルクチョコ・・・・・・・・・・・720g
生クリーム・・・・・・・・・・・・400cc
バター(室温に戻す)・・・・・40g
はちみつ・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
ラムレーズン・・・・・・・・・・140g
スライスアーモンド・・・・・・・大さじ3
ラム酒・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
ココア・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

作り方は・・・・

1.板チョコをボールに割り入れ、
沸騰した生クリームを入れて溶かし良く練る。

2.バター、はちみつを入れてさらに練り、
冷めて手ごたえを感じる硬さになったら、
刻んだラムレーズン、アーモンド、ラム酒を入れる。

3.タッパにラップを敷き、
高さ1センチになるよう流しいれ、
冷凍庫で冷やし固める。

4.冷えて固まったら、適当な大きさにカットして、
ココアを全面にまぶして出来上がり。
(体温で溶け出すので、チョコを触る時は、
ビニール手袋をすると指につきません。衛生的にもgood。)

P2144990.jpg
「どうせ作るなら・・・」
とあるだけの材料を出して来て使ったら、
予想以上にかなりの量ができてしまった(笑)
150粒はできたでしょうかねぇ。

ご飲食のオーダーの合間に作ったので、
形はイマイチ不揃いですが、これもご愛敬、
味で勝負です(笑)。
味見したお客さまからは
「ラムレーズンが入ってて、おいしい!」
と言っていただきました。

ご注文分、いらしてた常連さま方への味見分、
常連さまへお土産・おすそ分けをして、
残った半分は冷凍保存することに。
P2145000.jpg
何かの折にでもお出しできれば・・・と思います。
滅多に作らない生チョコ、
口にできた方はある意味ラッキー?(笑)
お楽しみに。
スポンサーサイト