ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



試作1回目

今日は最高気温が13℃で、すっかり春、
暖かかったですねぇ。

今日のお店は、
篆刻教室の先生と生徒さんたちや、
展示者の長島さんの生徒さんたち、
常連さまたちがいらしてくださって、
ランチをしてくださいました。
2Fでも、同じ中学だったママ&お子さま達が、
ランチをしてくださったり。

皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日は午後の空き時間、
前々から作りたかった生キャラメルを試作。
結果から言うと・・・・生キャラメルではなくて、
カチカチの「チェルシー」になってしまいました(笑)

レシピは、H牧場のレシピが公開されているので、
おなじ材料、分量で作ってみました。
【材料】
生クリーム・・・・200cc
牛乳・・・・・・・・150cc
砂糖・・・・・・・・120g
バニラビーンズ 1/5本
はちみつ・・・・・10g
水あめ・・・・・・・20g
無塩バター・・・・20g

すべての材料をテフロンのフライパンに入れ、
沸騰、かき混ぜます。
P3135259.jpg
量が減って、粘性が出てきたらひたすら練る!
ベシャメルソールのような感じ。
P3135262.jpg
30分を過ぎても、キャラメル色がつかないので、
火加減を強めにして混ぜる、混ぜる、混ぜる・・・

が、こんなに硬くなるまで混ぜたのが、失敗だった(笑)
P3135263.jpg
ネットのレシピでは、「最後まで出来るだけ強火で」、
と書いてあったのですが、
吹きこぼれや焦げにビビって、弱火~中火にしたため、
色がつく前に、粘性が強くなってしまったみたい。

バットに流し込んでも隅々まで流れず、表面がでこぼこ。
仕方ないので、同じ型のバットを重ねてで上からプレス。
P3135271.jpg

P3135268.jpg
なんとか表面は綺麗に、厚さも均一に。

冷蔵庫でちょっと冷まして切ろうとすると、
かっちかっちで、思い通り綺麗に切れない。
かろうじて柔らかいところを選んでカット。
P3135277.jpg
クッキングシートで包んで一応出来上がり。
P3135280.jpg
本家本元の生キャラメルを食したことがないので、
「口に入れると溶ける」ような柔らかさが、
どの程度なのか実は全く分からないのですが、
作ったものと違うことは、本物を食べずしても分かる(笑)

口に入れるとカチカチで、
歯にくっつくようなキャラメルの粘性はなし。
噛むとザクザクと崩れる食感は、
まさにキャンディーの「チェルシー」!

でも歯にくっつきにくいので、
歯が悪い人にはいいかも。
それに常温でも解けないので、
生キャラメルのように冷蔵庫に入れる必要は無し。

味は、甘すぎず、
乳製品をたっぷり使った豊かな味でおいしい!
後は、食感、柔らかさだけですねぇ。
オーナー曰く「失敗しなきゃだめよ~」。
ですよねぇ・・・初回で成功したらみんなが億万長者(笑)。
再チャレンジして、必ず成功させてみせます!

「生キャラメル」と言えば明らか失敗作ですが、
キャラメル風味のキャンディーと言えば、
全く「有り」の味・・・・捨てるにはもったいない。
ということで、
明日からご注文くださった方に、サービスでお出しします。
というか、
ものは試しに食べてみたい!という方に差し上げます(笑)
スポンサーサイト